ベビー服の種類をご紹介します

ベビー服の種類

ベイビー

長い肌着

生後0か月~3か月の赤ちゃんおススメなのが、長い肌着です。長い肌着は、赤ちゃんの足先まで包み込んでくれることが特徴となります。スカートのようになっているため、おむつを替えるときもラクラクです。

コンビの肌着

生後半年までの赤ちゃんにおススメなのが、コンビの肌着です。足の部分がボタンで留められているので、赤ちゃんが活発に動くようになっても、足の部分がめくれ上がってしまうような心配がありません。

ボディー肌着

ボディー肌着とは、赤ちゃんの股部分がスナップボタンでとまっているタイプのベビー服となります。比較的長い間使うことができる優れものです。暑い時期では、このボディー肌着だけで過ごすことも良いでしょう。お出かけする時だけ、スカートやズボンを履かせるといったこともできます。

ロンパース

ボディー肌着にズボンがついている、つなぎのようなベビー服をロンパースと呼びます。ロンパースを着させることによって、全身をすっぽりと包んであげるができるうえに、はだけるような心配もありません。股下にスナップボタンが付いていると、おむつ替えも便利になります。

ベビードレス

フォーマルな場所に赤ちゃんを連れていくときは、ベビードレスを着させてあげると良いです。ベビードレスは様々な種類やデザインがあります。デザイン性が高いことと、赤ちゃんにとって快適であるようなベビードレスを選ぶ必要があるでしょう。